久々に非モテの気分を味あわせてくれた伊藤早紀 @matchappsaki さんには感謝の念しかない

前回のエントリーが精神を削って書いた記事だったので、緩い話でも。

<前回の記事はこちら>

【Peing相談】相手を承認欲求の道具にする非モテとのびシズシンドローム
 この話題最近、黒ギャルさんと名古屋非モテオフさんの会話を引用させていただいたツイートにいただいた質問だ。これをブログで掘り下げて書いてみたいと思う。 正直下のツイートに集約されているとは思うが、少し広げてみた。 いち非モテ男の...

今回はマッチングアプリ関係のアカウント「伊藤早紀」さんとのツイッターの絡みなのだが、長らく非モテコミットをして痛い目にあってなかった自分に痛快な右ストレートをくれたので、記事にしてみた。

※なお、伊藤さん自体を非難・攻撃する話ではございません。

伊藤早紀さんは画像をクリックで。

 

ことの発端はこのツイートだった

ナンパをしたことある人だったら少し疑問符が浮かぶtweetだと思う。僕はしばらく放置したが、誰も指摘しなかったので、最終的に僕が指摘しようと思った。ナンパ界隈をよく知らないくせに、おもちゃにされたような気がしたので、やや感情的に絡んでしまったのは反省すべき点だと思う。

こう引用RTするとすぐに引用RTでリプがあった。

ちょっとよくわからない対決を吹っかけられた。しかも、「顔を出し合って」という指定付きで。顔と本名を公開している人たちは、同じルールでtwitterを運用していない人を「弱者」と決めつけて攻撃してくることが多々ある。みんなが商用利用しているわけではないし、それぞれの事情もあるというのが常識。ちょっと稚拙なケンカをふっかけられたな、というのが正直な感想だった。しかし、冷静になればこちらも感情的に絡んだのでそこはお互い様かと。

【ストリートナンパをしている人は本当の職業など言いません】。これに尽きると思う。だって、見知らぬ人にナンパするのに職業は不要。これはストリートナンパするものによっては当然の感覚だ。よって、伊藤さんは【ストリートでナンパされたことないでしょう?】という論理をtweetした。

twitterはそもそも議論に向いてないと思ってるので、これでスルーされて終わりかなぁと思っていたら引用RTがあった。正直意外だった。

ん・・・?「対決しましょ」から一転して「そこから話合えればと思います」だと・・・!?

急にしおらしい態度になったと錯覚した僕はすっかりこの人は自分の主張を認めてくれた!しかも、「話し合う」という建設的な選択肢を提示した!と舞い上がってしまった。

このリプに対する僕のリプにその舞い上がりが溢れんばかりに見え隠れしている。

   

急に「ですます調」の丁寧な語り口になってしまった。ましてや「※なお~」などの丁寧な注釈までつけている。ここらへんに、これから繰り広げられる議論への胸の高鳴りが溢れている。

そして、このリプに対するコメントは?というと・・・。

 

これを最後に、やり取りは途絶えた・・・・。

 

女性とのやり取りでやはり非モテコミットをしてはいけない

今回はこのやり取りが実際の女の子とのやり取りに似ていたので紹介させていただいた。この発端となっている件の整合性などは議論するつもりはない。

今回のこのやり取りは実際に女性と接するうえでの示唆に富んでいる。

女性が去った時、相手の女性に執着してはいけない

女性とのコミュニケーションではしばしば「え!?ここで!?」というタイミングで途切れることがある。これに固執する男は他者目線の欠如した男だ。

相手にも事情があるだろう。彼女だって本当に議論したかったが、他に良質なエンゲージメントの高い案件があり、そっちに集中したかったのかもしれない。

仮に実際の女の子とのLINEのやり取りだったら、急に途絶えた連絡に対して「おーい、見てる?」とか「えー答えづらい質問しちゃった?」とか、追撃をしてしまうと一気に「非モテ」になる。だから女性から返事がないときは、放置してしまうしかない。

女性をにイニシアチブとられてはいけない

完全に主幹であるが、このRT合戦のマウントのし合いでは、こちらが有利だったはずだ。

相手の「顔出しして対決しましょ」という、稚拙な攻撃を全て受け止めて、見事なカウンターパンチを食らわせた。この試合は有利だったはずだ。

しかし、「話し合えればと思います・・・」に意気揚々としてしまったことで、一気に会話の主導権をとられてしまった。その会話にデレついてしまったことで、この試合は私が思うところと異なる着地点に落ち着く。

囲碁では、お互い終局が見えると「ヨセ」というある意味予定調和の手筋を打ち、お互いの陣地を整理する。この試合は私のカウンターパンチが決まった時点であとは、私の勝利に向けて議論の「ヨセ」を行っていく・・・それが私の描いた結末だった。

しかし、伊藤氏には全くの結末が見えていた。喧嘩を吹っ掛けた相手がしおらしく協力者になった様だけをTL(タイムライン)に残し、議論など始め駆らなかったテイで放置するのである。

私はこの会話においてまんまとイニシアチブをとられたのである。

そして見事なまでの伊藤氏による勝ち逃げで幕は閉じたのであった。

教訓:駆け引きではたとえ敗因になったとしても、デレてはいけない

私が子どものころ、ゲームをするのに攻略本を買う層と、買わない層で激しい対立が行われていた。
攻略本がない層はいくつかの貴重なアイテムを取り残し、知識の重要性を痛感するのであった。FF6でシャドウを見殺しにしてしまったうえに引き戻せないときは絶望であった。

昨今ではgoogleに聞けばなんでも教えてくれる。この世をゲームに見立てたとき、全てに「攻略本」がある状態に等しい。

しかし、そんなことをすると一部の人の既得権は失われるため、やはり「肝心なことはネットに載っていない」わけである。

女性とのやり取りでイニシアチブをとる方法は「ネグ」だったり、「雰囲気ぶち壊しルーティン」だったり、数々の攻略方法が存在するが、それでもまだ、ちょっとした気の油断から逆転を許してしまうことが多い。

非モテもモテも関係なく、こういったものは日々の努力の賜物だ。負けを恐れず、「イニシアチブ合戦」を重ね、身に着けてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました