髪型は印象を左右する~LIPPSに行ったら悩みが解決した話~

この発端はヘアカットのBefore・Afterのこの動画で有名になった大月渉さん。

彼の本が出るということで秒速で手に取った。

正直、1度目にサラっと目を通しただけのときは「何も内容の無い本だ!知ってることしか載ってないわ!」という感想だったが、改めて読んでみると実際は試したことのない良質な提案がちりばめられていることに気が付いた。

「したいファッションをしている人が多い地域で、代表的なサロンに行くべし」

なるほど。僕は髪を切るのに時間を割くのが大嫌いなので、夜の人向けの深夜1時までやっている美容室や、最寄りの美容室しか使ってこなかった。「オシャレな街まで髪を切りに行ったことはない」のであれば、それを試す価値はあるだろうと思った。

15年間、同じ髪型だった男

ソフトモヒカンの鬼

私は大学の超絶非モテ時代から長いこと同じ髪型をしてきた。
こちらの写真が22歳のころ。

こちらが35歳の頃。全く髪型が変わっていない・・・。

この髪型にして15年。この髪型が最良と信じて疑ってこなかった。
旋毛がややこしいところにあり、固い直毛で、ジェル以外でセットなどできない
その思い込みから、ずっとこの髪型でやってきたが、ついに服装とのマッチングに限界を感じていた。

ついに、前髪を伸ばした男

ということで、ついに前髪を伸ばすことを決意した。
それから2か月・・・前髪は伸びたがセットがしづらく、シンゴリは悩んでいた。

 

パーマをかけるわけにもいかないし、毛束感が出ないため、ジェルとヘアジャムをミックスして使いわざわざ毛束感を演出していた。しかし、髪の長さとジェルで固めた質感がマッチせず・・・。
ワックスとヘアスプレーの組み合わせを試すも、キープ力がなく、八方塞がりであった。

そうだ、LIPPSにいこう

そんな中、twitterでいくつかヘアスタイル関連のイキったツイートをしていた。

そんな時に、何人かのMBラボのメンバーから「LIPPSは良かったですよー」との声をいただいたので早速予約してみた。

ホットペッパービューティーで見てみたところ、スパと眉毛カット込みで6,912円のコースが初回としてはコスパ良さそうだったのでこちらに決めた。

なお、LIPPSは担当の人を指名していなくても、その日にカットした人の指名料が上乗せされるとのこと。つまり、指名せずに美容院に行っても、店長がカットしたら店長の技術料(1,050円)が上乗せされるわけだ。この点は注意しよう。

当日は、銀座のとあるLIPPSに向かった。(LIPPSは銀座に3店舗ある)

受付に入ると、ロッカーに私物を入れ、貴重品を入れるためのバックを預かる。
ロッカーは小さいので冬場にコートを入れたり、カット終わりでジムに行こうとジムウェアをいれようとするとちょっと足りない。

なお、受付時に紹介者の「名前」と「通っている店舗」を伝えると紹介者と自分が20%オフになるので、事前に確認しておこう

担当とご対面

カウンセリングは丁寧だ!

席に通されると、担当とご対面。「どんな髪型にしたいか?」と訊かれたので、正直に「洋服に合う服にしたい。正直、ビジョンがなくて困っている」と相談。

すると、「どんな服装にしたいか?」をヒアリングされ、答えると「その服装なら、髪はルーズでカッチリさせないほうがいいので、こう切ろうと思います。今日は、サイドが長さが足りてないので、本来したい髪型との真ん中になるようにカットしますね」と丁寧にカウンセリングしてくれた。

最終的には、いくつかのカットモデルを見せられて「色は違いますが、このような感じにします。サイドはこちらの写真がイメージに近いです」という風に写真を使いながら丁寧に説明を受けた。

ヘッドスパと眉毛カットは専用のアシスタントが

その後は一旦、別の担当の方に移り、シャワーからヘッドスパへ。
ヘッドスパの担当は「ウエーイ」系なノリだったのはかなりイヤだったが、技術はさすがLIPPSといったところ。

その後、ヘアカットになるが、ヘアカットが終わってから眉毛カットに。こちらもヘアカットとは別の方が担当してくれる。思ったより、初回から大幅カットしたのでビビったがギリギリセーフの範囲。

ヘアカットとスタイリング

ヘアカットは今まで見たことないような切り方で最初は「全然カットする気ないんじゃ・・・?」という不安に駆られた。
しかし、実際長さのカットには時間をかけていないものの、梳く過程に時間をかけており、おそらくそれこそがLIPPSの技術力なのだろうと思った。

ヘアカット後はスパをしてくれた担当がシャンプーし、ヘアセットまでを終えたが説明が丁寧だった。 ワックスのつけ方から、毛束の作り方間で十分レクチャーしてくれた。これだけでもだいぶ価値があったと思う。

最後にヘアカットした担当が戻ってきて、セッティングとカットの微調整をして終了となった。

今まではジェルじゃないと毛束感が出ていなかったが、今回のカットと教えられたセット方法をつかうことで十分に固い髪の私もヘ”ワックスだけで”アセットができることが分かった。

実際にカットしてみて

実際のカットした写真がこちら。
長さはカット前の写真と変わらないが、ボリュームはだいぶ減っている。その中に毛束を作りやすくあらかじめ束が出来上がっており、セットがしやすくなっている。

  

また、通常、ショートヘアーは3週間程度で再びカットするのが通常だが、LIPPSでは「1か月~1か月半は持つ」というのである。これはお得だ。

髪型と筋肉は自分の体に帰属している「ファッションの一部」である。

一度、自分のファッションと髪型の愛称を改善するために、美容師さんの胸を借りてチャレンジしてみるのもいいだろう。僕は、LIPPSの美容師さんにはそれに耐えうるだけの技量があると思った。

これにより、皆さまよりよい自分へ近づくことを切に願う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました